会計事務所 M&ANPビジネスセミナー新規クレジット自動継続

税と経済の注目ニュース

間近に迫る消費増税  国の景気対策効果いかほど?

7月21日投開票の参院選で、10月1日に実施予定の消費増税が大きな争点の一つとなっている。安倍晋三首相は「消費は堅調だ」と主張。一方、野党は景気への悪影響の懸念から反対の立場で足並みをそろえている。「消費税(の増税分)をすべて還元する規模の対策を講じる」。首相は8%から10%への税率引き上げによる景気の腰折れを防ぐ姿勢をアピールする。
(納税通信 2019.07.16)

日税連会長  神津氏が続投へ

任期満了に伴う日税連の会長選について、立候補にあたっての必要な手続きをしたのは現会長の神津信一氏だけだったことから、神津氏の続投が確定となった。日税連の会長選は2年ごとに行われる。立候補するには15税理士会の会長で構成する「会長候補推薦会」の推薦を受ける必要があり、推薦された者が立候補の届け出を行い、会長選考会に臨む。
(税理士新聞 2019.07.11)

日税連の建議書  軽減税率とインボイスに反対

日本税理士会連合会(神津信一会長)は6月27日に開催した理事会で、2020年度税制改正に関する建議書を決定した。建議書では特に強く主張する項目として、消費税の単一税率維持、基礎的な人的控除の改革、災害損失控除の創設の3点を掲げた。税理士法49条の11では日税連および税理士会は税制について「権限のある官公署に建議し、又はその諮問に答申すること」が認められている。
(税理士新聞 2019.07.10)

7payの不正アクセス  絵に描いた餅の「ポイント還元」

セブン&アイ・ホールディングスが7月3日に公表したセブンイレブンのスマートフォン決済「7pay」の不正アクセス被害について、政府高官がいら立ちを隠せないでいる。消費税率を10%に0引き上げるタイミングでキャッシュレス決済に対し2798億円分のポイントを還元するにもかかわらず、当の決済自体にセキュリティーの甘さが露呈したからだ。
(納税通信 2019.07.09)

安倍首相  消費増税「今後10年間必要ない」

参議院選が7月4日に公示され、21日に投開票される。公示に先立つ3日、日本記者クラブが主催して、与野党7党による党首討論会が開催された。安倍晋三首相(自民党総裁)は10月に予定されている消費税率10%への引き上げについて「安倍政権でこれ以上引き上げることは全く考えていない。今後10年間ぐらいは必要ないと思う」と語った。
(納税通信 2019.07.08)

女性税理士の割合  いまだ10%台前半

今年3月末時点で登録している税理士のうち、女性の比率は前年度から微増の14.9%であることが日税連の登録事務事績報告で分かった。女性比率は2002年度に全体の1割を超えたが、いまだ10%台前半にとどまっている状況だ。18年度末時点で税理士登録している7万8028人のうち、女性は1万1649人で、前年同期から226人増えた。20年前(1998年)の5264人から倍増している。
(税理士新聞 2019.07.04)

改正民法が7月1日に施行  顧問先の相続対策に影響大

民法版の「おしどり特例」などを盛り込んだ改正民法が、7月1日に施行された。昨年に法成立した約40年ぶりの民法相続編の見直しを受けたもので、顧問先の相続対策にも大きな影響を与える新ルールが多数盛り込まれている。その内容は大きく分けて、民法版「おしどり特例」の創設、遺留分の金銭債権化、遺産分割前の払い戻し制度、相続人以外の「特別の寄与」の導入――となる。
(税理士新聞 2019.07.03)

SBGの合法的“租税回避”  純利1兆円でも赤字企業に

ソフトバンクグループ(SBG)が2018年3月期に巨額の税務上の欠損金を計上し、日本で法人税を支払っていなかったことが判明した件で、国税当局は欠損金の一部について計上時期の誤りを指摘したものの欠損金の計上そのものは問題がないと認めた。連結ベースの純利益が1兆389億円に上るのに、赤字企業として扱われる――。SBGは、そんな「税制の抜け穴」を狙った格好だ。
(納税通信 2019.07.02)

史上最高額の60兆円台  税収ついにバブル超え

国の2018年度の一般会計税収が、当初見込みの59・9兆円を数千億円上回ることが判明した。最終集計中だが60兆円超に達する模様で、財務省は7月上旬に公表する予定だ。株式の配当収入の増加などを追い風に、所得税が想定を上回った。バブル期直後の1991年度(59・8兆円)や、90年度(60・1兆円)を上回り、バブル期超えの史上最高額を記録しそうだ。
(納税通信 2019.07.01)

甲賀市 令和1年を10年と誤入力  3380万円を過大請求

滋賀県甲賀市は6月22日、市税の延滞金の計算にミスがあり、約3380万円を過大請求していたことを公表した。ミスの原因は、新元号の年数の誤入力だという。税務課によれば、5月末までに今年分の固定資産税や自動車税など市税を納付しなかった人や法人に督促状を送付する際、延滞金の計算日を「令和01年」ではなく「令和10年」と誤って入力してしまったという。
(税理士新聞 2019.06.27)

骨太の方針を閣議決定  10月の消費増税を明記

政府は6月21日、今年の「骨太の方針」を閣議決定した。二度の延期を繰り返している消費増税を10月に行うことを前提とした経済施策をふんだんに盛り込むことで、増税を明記した形だ。景気対策としてキャッシュレス決済の優遇やプレミアム付き商品券などの措置を講じることも盛り込んだ。また8%と10%の税率を使い分ける複数税率の導入も改めて記した。
(税理士新聞 2019.06.26)

脱税額140億円  消費税の不正還付が増加

国税庁が6月13日に公表した2018年度査察白書によると、消費税の不正還付事案は16件に上り、統計を始めた01年度以降で2番目の多さだった。査察で摘発した脱税事件は前年度より19件多い182件で、脱税総額は前年度比3・6%増の約140億円だったことが分かった。事案の悪質性などから検察庁に告発したのは、このうち66・5%に当たる121件。
(納税通信 2019.06.25)

  • シャウプ勧告
  • 月刊ダイジェスト電子版<br /> 納税通信 MONTHLY DIGEST
  • 就活支援
  • NPビジネスセミナーDVD販売
  • 一般社団法人 相続税務支援協会の設立・会員募集・6月
  • 相続節税用不動産仲介業の開始・「相続時代」創刊・6月
  • クレジットカード継続
  • ビズアップDVD販売
  • 事業承継支援室ブログ
  • 「後援」
  • 出版書籍

ページトップへ戻る