会計事務所 M&ANPビジネスセミナー新規クレジット自動継続

税と経済の注目ニュース

所得税の申告漏れ  「簡易な接触」で32万人が是正

国税庁が11月29日に公表した所得税調査の実績報告書によると、平成29年7月からの1年間の所得税の実地調査は7万2953件で、前年度の7万238件から3・9%の増加となった。このうち申告漏れなどの非違が見つかったのは6万338件(前年度5万8449件)で、調査を受けた人の8割以上が何らかの問題点を指摘された。
(税理士新聞 2018.12.12)

自動車「走行距離」課税浮上  唐突な案に実現疑問視の声も

12月中旬の2019年度税制改正大綱のとりまとめに向け、与党・政府の議論が加速している。その中で、自動車への課税について、現状の保有から走行距離などの「利用」に重点を移す案が急浮上した。19年度の大綱には検討方針だけを盛り込み、実際の議論は数年かける見通しだ。
(納税通信 2018.12.11)

スタートアップ企業に税優遇  法人税額の控除枠1・6倍に

政府・与党は2019年度の税制改正で、民間の研究開発を活性化させるため新たな税優遇策を講じることにした。新しいビジネスモデルで急成長を目指すスタートアップ企業について、法人税額の控除枠を現在から1・6倍に引き上げる見通しで、連携する企業も優遇する。
(納税通信 2018.12.10)

関税の輸入事後調査  申告漏れ額1483億円

2017年7月から18年6月までの1年間の関税および内国消費税の申告漏れによる課税価格は約1483億7000万円だったことが財務省の発表で分かった。輸入申告に対する事後調査件数は4266者で、このうち申告漏れなどのあった輸入者は3365者の78・9%に及んだ。追徴税額は関税および内国消費税を合わせて141億5320万円で、このうち重加算税額は7139万円だった。
(税理士新聞 2018.12.06)

消費増税の経済対策  安倍首相5%ポイント還元を指示

来年10月の消費税増税に備えた経済対策の原案を政府が明らかにした。キャッシュレス決済時のポイント還元制度や低所得者・子育て世帯へのプレミアム付き商品券など全9項目で構成となる。対策の柱となるポイント還元制度については、安倍晋三首相が還元率を当初想定されていた2%から5%に引き上げるよう指示した。
(税理士新聞 2018.12.05)

仮想通貨の照会制度開始へ  所得の申告漏れ防止

仮想通貨の取引で得た所得の悪質な申告漏れを防ぐため、政府・与党は仮想通貨交換業者に個人情報を照会する制度を設ける方向だ。提供を求めるのは取引者の氏名と住所、マイナンバー。2019年度の税制改正大綱に反映し、国税通則法を改正する。今年に入って相次いだ巨額流出が響き、仮想通貨取引は従来と比べて低調になったものの、取引量は14年度から17年度にかけて2万倍以上に膨張している。
(納税通信 2018.12.04)

海外企業への利払いに課税強化  多国籍企業の税逃れ抑制

多国籍企業の国際的な課税逃れ対策の一環として、政府・与党が海外の関係会社に対する利払いへの課税を強化する検討を始めた。利息を高く設定するなどして、利払いという形で国内の利益を税率の安いタックスヘイブン(租税回避地)に移転することを防ぐのが狙いで、2019年度税制改正大綱に盛り込む方向だという。
(納税通信 2018.12.03)

キャッシュレス決済「五輪まで5%還元」  安倍首相が方針固める

消費税の増税対策として検討されているキャッシュレス決済のポイント還元を巡り、政府は11月22日、期間を2020年東京五輪までの9カ月間として、増税幅を大きく超える5%還元とする方針を固めた。ただし中小小売店での購入分を対象とし、大手は除外する見通し。安倍晋三首相は同日、自民党の岸田文雄政調会長との会談で、「消費税率の引き上げはデフレ脱却への一つの試練。思い切った対策を行いたい」と述べた。
(納税通信 2018.11.28)

所有者不明土地  円滑化法が11月15日に施行

今年6月の通常国会で成立した所有者が不明の土地を公共目的で使いやすくするための特別措置法の一部が11月15日に先行して施行された。何代にもわたって相続登記されずに登記名義人が転居しているなど、所在が分からない土地の合計面積は九州よりも広いといわれており、高齢化の影響もあり、2040年には北海道の9割にあたる約7200ヘクタールに達する可能性もあるという。
(納税通信 2018.11.26)

業務禁止中に申告書を作成  68歳の元税理士を逮捕

無資格にもかかわらず確定申告書作成などの税理士業務を行ったとして、元税理士の男性(68)が警視庁に逮捕された。男性は2年前に顧問先に脱税を指南したとして業務禁止の処分を下され、無資格の状態だった。逮捕された男性は、顧問先から依頼されて虚偽の税務署類を作成するなど脱税事件に関与したとして、2016年に税理士業務の禁止処分を受けた。
(税理士新聞 2018.11.22)

  • 月刊ダイジェスト電子版<br /> 納税通信 MONTHLY DIGEST
  • 就活支援
  • NPビジネスセミナーDVD販売
  • 一般社団法人 相続税務支援協会の設立・会員募集・6月
  • 相続節税用不動産仲介業の開始・「相続時代」創刊・6月
  • クレジットカード継続
  • ビズアップDVD販売
  • 事業承継支援室ブログ
  • 「後援」
  • 出版書籍

ページトップへ戻る